• 遺品整理のエイガン 代表 早坂

マスク

 最近、N95マスクをされている方を見かけました。使い捨てマスクがないからなのでしょうか。私も孤独死の現場では用いるのですが、とても息苦しいものです。必要がなければなるべく装着はしたくはない物です。

 N95マスクとは、米国労働安全衛生研究所の規格を満たしており、編み目が通常のマスクよりも高密度です。最も捕集しにくいと言われている0、3μmの微粒子を95%以上捕集できる事が基準となったマスクですので、着用時の密閉率も高いものです。このため、一般のマスクに比べてかなり息苦しいです。


 最近の報道で接触や飛沫ではなくエアロゾル感染可能性の報道があります。エアロゾル感染とは飛沫が空中に浮いている状態で、そこから口、鼻、目から感染にいたるという事です。


 N95マスクは空気感染を想定しております。そのためエアロゾルにも対応できるとの考えでN95マスクを使用してるのかもしれません。でも、エアロゾル感染を恐れているならN95マスク単体での使用では片手落ちです。ゴーグルやフェイスガード、その他の装備が必要です。


 でも、医療従事者でもない限り、これらの装備を整えてまで対策するのは現実的ではないと思います。更に、細かな対策には知識と手間と費用がかかります。それならば業務などの必要が無い場合は、政府の言うように「近づかない」のが最も効率的かと思います。


 一番は、密閉空間を避ける事に限ります。風通しの悪い場所や換気不足の場所は避けるべきです。

 私がN95マスクの使用を見たのは、外の除雪作業で使用してる方でした。正しい知識をもって、適正な装備を適正な場所で使用する事で、本来最も必要とする医療や介護の現場に物がいきわたります。


 私自身も、自分の環境に合わせた適正な装備で感染予防を心がけたいと考えています。仕事を休んだり営業時間短縮などで、装備消費の調整をしていきたいと考えています。

《地元釧路の遺品整理、生前整理専業店。遺品整理のエイガン》 今あなたが遺品、生前整理でお困りなら、まずは「心の整理のお手伝い 遺品整理のエイガン」までご連絡下さい。 整理にともなう困り事のご相談やお見積もりは無料となっておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。(令和2年3月14日更新)

#マスク #感染 #エアロゾル

13回の閲覧