top of page
  • 執筆者の写真遺品整理のエイガン 代表 早坂

アスベスト事前調査と解体工事について

 アスベスト事前調査の義務化と解体工事について近年、建築物の解体工事においてアスベストの影響が深刻な問題とされています。


 アスベストは健康に害を及ぼす恐れがあるため、請負代金100万円以上か、工事規模が80㎡以上の解体やリフォーム、リノベーション工事には作業前のアスベスト事前調査が義務化されました。


 この調査は、解体する建物内にアスベストが含まれていないかを確認するために行われ、近隣の方々や作業者の健康面の保護が主な目的となります。


 当店では遺品整理はもちろんの事、解体工事におきましてもアスベスト事前調査者、解体事業者登録の登録資格を有しており、一貫してお客様の困り事に対応しております。


 お陰様で只今、遺品整理からの解体依頼に伴うアスベスト事前調査や、業者間でのご依頼を頂いております。


 作業の円滑な進行を確保するためにも、解体工事を検討されている方々におかれましては早めのご相談を頂ければ幸いと存じます。


 建物の規模や構造によって調査にかかる時間は異なりますが、最適な解体計画を立てるためにもお気軽にご相談下さい。

 

只今、混雑のため成分分析が必要な場合には、調査結果を待つ事で作業完了までに時間を頂くことがもございます事をご了承願います。


 

2月 営業日
遺品整理のエイガン

【地元釧路の遺品整理、生前整理専業店】今、あなたが家の整理でお困りなら、まずは「遺品整理のエイガン」までご連絡下さい。 整理にともなう困り事のご相談やお見積もりは無料となっておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。(令和6年6月29日更新)


#解体 #アスベスト #石綿

閲覧数:21回

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page