top of page
  • 執筆者の写真遺品整理のエイガン 代表 早坂

高齢者施設への入退時の整理

 高齢者施設に入居する際、ご自身の家財品を全て施設へ持ち込むことは、ほとんどの場合できません。そこで自宅の家財道具を整理することが必要となります。


 しかし、自宅の不要品を整理を行うことは多くの人にとって大変な作業です。特に、ご本人が行うことは困難な場合が多いと思います。しかし、親族が整理を手伝うにしても仕事や家事などで忙しく、なかなか手が回らないのではないでしょうか。


 ご自身や親族で、お家の整理や引越し準備をすすめる事はできますが、大変な負担となります。


 ご本人と親族の住んでる地域が違う場合には、予定を合わせて準備を進めるだけでも大変です。また、廃棄物処分は各自治体ごとに分別ルールがあり、分別や処分方法が違います。不要品の分別処分にも一苦労です。


 家財の中には売却できる者や、まだ使える物もあるかもしれません。売却する事で経費負担を軽減できる場合もあるでしょう。しかし、その売却には、手間も時間もかかります。


 当店の整理には「施設入退整理」というものがございます。これは、高齢者施設への入居や退去、移動される予定のお客様が住んでいるお家の不要品の分別処分をはじめ、売却代行や買取を行います。


 そして、作業当日に限りますが軽トラック1台分までのお荷物を施設まで「無料」で運搬搬入設置を行うサービスです。このサービスは、お家の整理と施設への移動が一緒に行う事ができて大変好評いただいております。


 このサービスで必ずと言っていいほど起こる事で、施設に荷物を搬入し自身のお部屋に家財設置した後に不要品の処分があります。


 新たな環境への移動は、なにかと不安があるもので不足してる物がないように荷物を多く持込んでしまう事が多いのです。実際に施設のお部屋に荷物を持ち込み設置してみて、導線が確保できずに、止む無く持ってきた荷物を処分をされる事が多いのです。


 もちろん、この不要品の引き上げも無料サービスの中で行っております。設置後の不用品の引き上げも、このサービスがお客様に好評頂いている内容の1つだと思います。


 このように、高齢者施設への入居に伴う整理を専門業者に依頼することは、利便性の面で多くのメリットがあります。家財道具の分別処分や売却代行など、多くの作業を迅速かつ安全に進めることができ、高齢のお客様や親族の負担を軽減することができます。


 新生活をはじめるという事は、心も体も大変な負担でもあります。業者に依頼することで、入居の準備や新しい生活に向けての準備など新しい生活に向けての準備に集中することができます。


 もし、あなたや親族が高齢者施設への入居や移動でお困りなら、当店まで是非相談ください。



【地元釧路の遺品整理、生前整理専業店】今、あなたが家の整理でお困りなら、まずは「遺品整理のエイガン」までご連絡下さい。 整理にともなう困り事のご相談やお見積もりは無料となっておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。(令和5年5月13日更新)


#高齢者施設 #老人ホーム #不要品処分

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

 早いものでゴールデンウィークも残すところあとわずかとなりました。旅行や帰省などで楽しい思い出を作った方も多いのではないでしょうか。    皆さんゴールデンウィークを有意義に過ごし、リフレッシュした自分を持って日常生活を頑張ろうという気持ちになっていると思います。    その一方

 毎年、この時期になる大変なのが確定申告です。私も創業から、ある程度は自分で行っていました。  今は会計ソフトもクラウド化され決済を連携させると自動記帳されたりと大変便利になっています。とはいえ、勘定科目など多少の手直しが必要となります。いつもこの時期は業務が終ってからの確定申

bottom of page