top of page
  • 遺品整理のエイガン 代表 早坂

火災保険

更新日:2021年12月9日

先日の釧路は大変な暴風雨でした。激しい雨と落雷などで釧路の一部地域では停電が発生したらしく、被害にあわれた方々にはお見舞い申し上げます。


こういった暴風雨などの天災で家が破損してしまう事は形ある物なら起こってしまうものですが、予想外の出費に頭を抱える経験をされた方も少なくはないはずです。


下の画像は、今回の暴風雨ではないのですが、やはり強風でアンテナ一式が破損落下し修理依頼を受けた時の画像です。



火災保険ってアンテナ修理に使えるの?


最初に上の画像のアンテナ修理の結果としては、火災保険での補償対象となりました。修繕費用の全額補償とまではいきませんでしたが、約半額近くを火災保険で補えました。


こうした自然災害による被害でアンテナが壊れてしまったという場合、火災保険で補償対象の可能性があります。


工事業者を手配して直してしまう前に保険証券等で契約内容を確認してみましょう。保険内容がよく判らない場合は、とりあえず保険会社に相談してみるのがよいと思います。


というのも、火災保険は契約内容によっては、火事のみでなく自然災害によって家や家財に被害にあった時にも補償を受けられる場合があります。


火災保険の契約内容に風災補償が含まれていれば、今回のように補償対象になる可能性があります。また、自然災害のみならず漏水、盗難等のトラブルに対しても補償範囲に含まれている場合があります。


「火災保険だから火事の時」と思っている方は、もう1度ご自身の契約内容を見直してみる事をお奨めします。


「もしもの時」に頼りになる火災保険の加入はもちろんの事、内容についてもよく相談し理解しておく事が大切です。



【地元釧路の遺品整理、生前整理専業店】今、あなたが家の整理でお困りなら、まずは「遺品整理のエイガン」までご連絡下さい。 整理にともなう困り事のご相談やお見積もりは無料となっておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。整理から売却までお忙しあなたを安心サポートいたします。(令和3年12月6日更新)


#釧路市   #遺品整理のエイガン   #火災保険

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

令和5年10月以降の解体時におけるアスベストの事前調査において、資格が必要になります。 大気汚染防止法の一部を改正する法律(令和2年6月5日公布)により、令和5年10月1日以降に解体等作業を行う際は、資格者による事前調査が義務化されます。(事前調査において資格が必要となります。)

 大気汚染防止法の一部を改正する法律が令和2年 6月5日に公布され、一部の規定を除き、令和3年4月から施行されております。  今年、令和4年(2022年)の4月1日以降に行う解体及び改修工事の石綿使用の有無に関わらず事前調査の義務化が始まりました。  以下に該当する規模の工

bottom of page