top of page
  • 遺品整理のエイガン 代表 早坂

超高齢化社会

 令和4年も残すところわずかとなりました。今だ情勢は不安定なままですが、当店は2014年の創業から9年目の生き残りをかけ日々頑張っております。


 日本は2007年より世界に先駆けて超高齢化社会に突入しています。これは、65歳以上の人口の割合が全人口の21%を占めている社会を超高齢化社会と定義しているらしいのです。


 しかし、この仕事を始めた当初は、あまり超高齢化社会になっているという実感はできませんでした。「遺品整理」という言葉の定着もまだまだでしたので、お客様には詳しい説明が必要でした。


 最近では「遺品整理」や「生前整理」のイメージは、詳しい説明をする事なく伝わっています。「整理」に対する確かな需要の高まりも感じております。いよいよ超高齢化社会が現実味をおびてきているのかと考えさせられます。

 

 3年後の2025年には高齢者率は約30%に達すると見られており、さらに2060年には約40%に達すると予想されています。


 これから、少子化と高齢者率の増加に伴い、遺品整理の需要は益々高まっていくと予想されます。当店は、お客様により良いサービス提供ができるよう日々精進してまいります。



【地元釧路の遺品整理、生前整理専業店】今、あなたが家の整理でお困りなら、まずは「遺品整理のエイガン」までご連絡下さい。 整理にともなう困り事のご相談やお見積もりは無料となっておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。(令和4年12月3日更新)


#高齢化 #少子化 #社会

 

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

孤独死について 令和3年10月8日に国土交通省から、「宅地建物取引業者による人の死の告知に関するガイドライン」が策定されております。  ガイドラインでは、孤独死告知において特殊清掃が重要要素に位置付けられております。当店は、必要のない特殊清掃により相続不動産の価値低下を招く事が

先日ご依頼頂いた整理作業の後に、お客さまからご丁寧なご挨拶をいただきました。その中に整理依頼となった経緯が書かれていました。 きっかけとなったのは、当店の広告チラシを故人様が大切に持っていてくださった事が、ご依頼につながったとの事でした。 当店はポスティングなどで広告の直接配

遺品整理で灯油タンクやホームタンクに古い灯油が残っている場合があります。ご自身で遺品整理の現場から灯油を抜いて捨てるのは結構な手間です。 最近は原油高騰で灯油も高くなっています。「捨てるぐらいなら」と、遺品整理の現場から灯油を抜いて持ち帰って使いたくなりますが、古い灯油は暖房器具

bottom of page